本文へスキップ

東川口・川口・さいたま市・浦和美園   Ocean Child 総合運動クラブ                              ありがとう13周年!

2019 わんぱく☆きっず 川遊びキャンプ

さぁ!いくぞ!!

2019年8月6日から1泊
8名の男子と3名のスタッフで
川遊びキャンプに出発です!!

「行ってきます〜〜」で、泣く子は全くおらず(笑)
あら、みんなたくましいねぇ!
とにかく全員が揃って出発できたのは良かった!!

道路も混んでると思ってたけど、大きく遅れることもなく
順調に川に到着しました。

 ドタバタと着替えをして(笑)
 とにかく川へ行こうぜ!!












しかし 良い天気ですね。青い空、白い雲、綺麗な水。
川は少し流れが速いよーと言われていたので 安全チェック。

まず、教えたことは「ライフジャケットは浮くんだよ」ということ。
そしてそれを体感させました。
万が一溺れても、これを着ていたら絶対に安全だから
慌てない事よ!ってね。
命を守ってくれるものだから 絶対に脱がないようにと伝えました。

「あ!ほんとだ〜」子どもたちも安心したようです。

そして早速持参した 水鉄砲で思い思いに攻撃!!

がっ。

水を入れるボトルが マメに流される・・・・・。ドンブラコ ドンブラコ

(・д・)ノ 「舜平こぉぉぉぉちぃぃぃぃぃー!!!!」

そのたびにダッシュで取りに行く舜平。

今度はボトルに水を入れるのに集中しすぎて 本体マメに流される・・・・
ドンブラコ ドンブラコ

(・д・)ノ 「しゅんぺぇぇぇぇぇーーーーー!!!」

ダッシュするコーチ。


はぁ。この光景 何度やったことだろう(爆)

そして、水鉄砲をどんなに恨んだだろうっw
あ、バケツも流れたよ(笑) あと靴もw

そして先生は言いました。
「水入れるときは こっちでやれーーー!!!
          もう流れても取りに行かんぞ!!!」

ふぅ(-_-)=3

コーチはこれで 少々ふくらはぎを痛めたとかで(笑)

それからは流れるものはなく、
今度は自分が流れてみたら?と万歳してドンブラコ。

この時点ではまだ全員はチャレンジ出来なかったけど
各々にスーパーマンを楽しみました。

その後は魚探しに必死になってたな。
男子の本能ですよね。そのうち舜平コーチも必死だもの。

一度お昼を食べてチェックインしてから再度川へ。
水切り(石を投げてぴょんぴょんするやつ)にも挑戦してて
たくさんの遊びを学びました。

とことん遊んでからお部屋へ。お風呂に入りました。
湯張り途中でどんどん入る(笑)
まって!をいう間もなかった・・・・・。

私は夕飯作りに格闘していましたが お風呂から出てきた順に

「いい匂い〜〜〜」って言いに来てくれました。
思ってるだけじゃなくて 伝えに来てくれてありがとうね。

完成の間、バッジに名前や絵を描く工作タイムしてたけど
みんなにはちょっと早すぎたポスカ(笑)机がカラフルに!!
急いで拭いて事なきを得ました。
ポスカキラキラは爪にもぬれるようで、みゆうコーチと
ネイルして遊んでた(笑)

見て見て〜〜って嬉しそうに見せに来たよw
(そんで「オネエか!」と先生に突っ込まれ大笑い)

無事にカレーはできあがり お代わりして食べてましたね。
まだまだ、プランは用意していたんだけど
ご飯の途中から

「ねむい・・・」の声が。
7時半だけどじゃぁ布団敷いてくるねーって
8人分の布団敷き。

ご飯食べたら 歯磨きして トイレも行って
布団に興奮w
8時には完全消灯にして、それまでは遊んでてもいいけど
眠い子もいるからね って。
8時には静かになったなぁ。すげぇw

さ、ここからは仕事の時間です。
でもみんなが早く寝てくれて助かった。
洗濯機があったから水着を洗い 浴室で靴を洗い
朝食・昼食の準備をし 弁当箱を洗い お手紙を書き
やっとこ寝ました。

そうそう、実は私の姉家族が 次の日の朝から
川に来ると言ってくれていました。

本当はお弁当箱にお昼を詰める予定だったのですが
みんなのお弁当箱のパーツが思ったよりも細かくて
全部一緒に洗って・・・・って難しかったのです。
仕切りも 一回ごちゃごちゃにしちゃうと
誰のかわからなくなっちゃうなって。

そこで、姉にお弁当パックを持ってきてもらうように頼みました。
あと、卵が割れちゃってて(笑)それも追加で。
助かった。とにかく寝よう(笑)

   2日目

おはよー!!姉家族は7時前には来てくれました(笑)
ご飯を心配してくれていたので お昼のおにぎりやら
詰め込みやら手伝ってくれました。助かった・・・・。

朝から子どもはとても元気で 
起きてすぐ「サンドイッチ好きなんだ〜」ってw
もりもり食べて、着替えて すぐ川に行きたかったけど
準備と片付けを考えると10時前に荷物を運んでから
川に行くことにしました。

荷物管理は子どもたちにはまだまだ大変。一つずつ指示を出してみました。
それでも 迷子になっている 帽子や洋服はわんさか(笑)
「脱いだものは汚れ物ビニールへ」と言っても
バッグの隅にぐちゃっと・・・・とか(笑)まぁ普通ですw

布団を片付けたりして、お部屋で大運動会です。
普段はお部屋では走れないけれど、荷物が全くない2階は
遊んで良いことにしていました。
鬼ごっこしたり、自由にしてましたねぇ。
その分、ケンカもありましたが 解決自体は子どもたちにさせました。

今回のキャンプでは
「自分でできないことがあったときに どうするか」
大きなテーマとなりました。

家ではきっと
「チャックが かたい〜〜〜〜」というだけで
ママが飛んできてやってくれてるんだろうなって思います。

「コップがない  カレーがこぼれた  歯ブラシがない」
色々な場面でこのような言葉を聞きました。
でも
「先生できないから 手伝って」
「コップがないからください」
「歯ブラシないから一緒に探して」
この言葉を聞かない限り動きませんでした。

わんぱくの時はそういうこともありますね。
でも、生活の部分では子どもたちにとっては初めてです。

そしてやってもらえたら 必ずお礼を言う。
それはお家の人にも同じよって 全員に話しました。
お母さんだから やってもらって当たり前じゃないのよ。
できない、困っているってことは話さないと伝わらないし
やってもらえたら お家の人にだってちゃんとお礼を言おうねって。

子どもたちも真剣に聞いてくれました。
最初はモジモジしてたお友達も 「先生やって」「ありがとう」
これが言えるようになって それだけでも大成長!!!
子どもって素晴らしい!!!

Yくんは自分の体調の悪いところを 説明することができました。
薬を飲むかどうかも 本人に聞いて飲むことにしました。
みんなよりちょっと早く帰ると決めたのも自分でした。
これは素晴らしいことだと思います。
Yくん、キャンプに来ている間にもう一つお兄ちゃんになりました。
ママ出産してたのです(笑)オメデトウ!
朝、それを報告し写真を見せてあげました。
「うわぁ〜早く会いたいなぁ」
だから早く帰りたくなっちゃったのかもね(笑)

2日目も川遊びを全力でやって
全員スーパーマンをクリアーしました。スゴイ!

まだまだ遊びたい気持ちもありながら 着替えました。
先生が作ったお弁当もおいしいおいしいと 食べてくれて
あっという間に完食。
少し遊んで待っていると バスがやってきました。

帰れる嬉しさというのを この時に垣間見ましたね。
あ、あとおやつタイムね(笑)

たった一泊だけど やっぱり親がいないで頑張る成長は
想像を超えるものがありますね。

(先生の反省と感想)
ハデハデTシャツは良かった。常に人数を確認できました。
写真はあんまり取れなかった・・・。川は転ぶ危険で(笑)
常に持っていられなかったです。
ご飯は課題が残りましたー。姉が来なかったら危なかった・・・。
場所は良かったです。エアコンはあったらあったで
温度設定が難しいです(笑)でもないよりもいい!
虫は出ましたが、また種類の違うものだったなぁ。
虫除け線香も玄関前に焚いておきましたが 蚊やブヨより
アブとかでっかい虫が多かったかな。でも害はなかったので
良かった良かった。
みんなが生きていたことが全て。

あ、舜平コーチは眼鏡を川に流した・・・・。ドンブラコドンブラコ
ポケットに入れておいてなくなったらしい。ドヨーン カアサンハナサケナイヨ

そのときに子どもたちがすごく心配してくれてた。
優しいなぁ。みんなすんません。

子どもがいない時間 どうでしたか?
私としては やっぱりホッとして欲しい。たまにはね。
心配は常時していると思うけど、いない時間も
楽しんでいただけていたら嬉しい。
だって、いつかはそれが毎日になるのだから。(ナンテナ

少しずつ 手を離さなくては・・・ですよね。
だから今です。今は今しかないのです。
後悔しない子育てを。常に私がお伝えしていることです。

子どもを預けてくれて ありがとうございました!
私の人生 子どもたちのおかげで花を咲かせることができています。
やりきった充実感 達成感
それを味わうことが出来ています。
本当にありがとうございます。

スタッフも頑張りました。ありがとう!
お姉ちゃん家族にも感謝です。




このページの先頭へ

 急に変更になることも
ありますので
活動日前には確認を!

会員専用連絡帳

 

 

 

 

先生のつぶやきはこちら!

 

 
※各施設へのお問い合わせは
ご遠慮ください

<新体操>
戸塚スポーツセンター
埼玉県川口市戸塚4552

<新体操育成>
戸塚小学校
埼玉県川口市戸塚3‐13−55

<わんぱく☆きっず>
戸塚公民館
埼玉県川口市戸塚東3‐7‐1

<さくらんぼくらぶ>
戸塚公民館
埼玉県川口市戸塚東3-7-1

 

ありがとう!13周年!!

 

 

 

どこか子育てにも
通じる部分があるようです。
電子書籍です。

 

子育てに行き詰まったら・・・

  介護の世界で頑張っている
同級生石井君が書いた本です。
介護と子育てって共通点が
たくさんあるそう。
私も買って読みました。
心が軽くなりました!