本文へスキップ

こどものやる気がいちばん!!を理念に

お問い合わせフォーム

Ocean Child Group

OceanChildGroupについて

クラブ発足   新体操クラブ           平成19年5月
        さくらんぼくらぶ         平成20年4月
        わんぱく☆きっず         平成28年1月
        浦和美園クラスわんぱくきっず   平成28年9月
        浦和美園クラスさくらんぼくらぶ  平成28年9月

   指導者

代表:大井洋子

おおいようこ

・日本女子体育大学 新体操部主将
・新体操指導歴 20数年
・スポーツリーダー認定資格取得
・中高保健体育 1種免許有
・初級心理カウンセラー
・小学校体育支援員
 アシスタントティーチャー
・埼玉県中学校新体操強化選手

 

指導者はこんな人

小学校時代はジャズダンスを3年間習い、中学に入ったら器械体操部に入部予定だったが、
入学前に廃部になってしまい運命か新体操と出会う。
それ以降新体操一筋の日々を送ることとなる。

中学では素人ながら多くの試合と合宿を経験する。
高校では顧問が3回変わり、ルールも自分で勉強しなくてはならないという
新体操をするには厳しい環境の中でも自分の人生に大きな影響を与えてくれてた恩師に出会い、
体育の教員免許を取るために体育大への進学を決める。
実はこの時親は「今まで土日もないような生活だったんだから大学ではしっかり遊びなさい」
という言葉をかけてくれた。今でもハッキリ覚えている。

部活については考えていなかったが続けてきた新体操がやっぱり好きで
親の想いとは裏腹に入部を決める。
4年間埼玉から世田谷まで通いながら勉強と新体操漬けの日々を過ごす。

新体操部では学年リーダーを経て4年生の時に主将を務め、目標としていた教員免許も取得し
とても充実した大学生活をおくることができた。
中学・高校・大学と部活を通じて得た仲間が今も心の支えとなっている。苦楽を共に乗り越え 
同じ時間を共有した仲間はかけがえのない宝物である。

自分の新体操人生を振り返ると優秀な成績を残した立派な選手とは言えないが
「いい選手だけが いいコーチになれるわけではない」

波乱万丈の経験の中で新体操を通じて学んだことが多く、悔しい思いを沢山したからこそ
わかることがあると考え、それらを活かし指導やその経験を伝えることにも力を入れている。

大学卒業後は幼児体育に関わる会社に入社し2年務める。
その間も新体操指導を行うとともに、親子体操の指導を経験したことで親子体操の魅力を味わい
現在の親子体操指導にも力を入れている。

また、夏のキャンプや新体操合宿、冬のスキー教室の引率を何十とこなす。
この経験を活かし、2017年夏に初めてのキャンプ教室を開催する。

出産等でブランクがあったが、縁あってまた新体操や親子体操に関わることになり現在に至る。
指導には自信をもっており、「子どもを楽しく運動させるには」ということを日々考え続ける。

ひそかな夢

クラブを大きくしよう!ということはあまり考えていないです。
自分が指導に関われる最大限の環境は これ以上できないと思うから・・・。
今、ひそかに思うことは 多くの子どもたちに目を向けること。関わること。

小学校でアシスタントティーチャーをしています。学校現場は大変です。
日々、子どもたちに起きている問題を肌で感じます。

ごはん食べてこられない子
遅刻が続く子
不登校気味の子
勉強の問題を抱えてる子
先生に反抗する子
意欲がない子

子どもたちひとりひとりが輝ける場を。
でも基盤はやっぱり家庭です。
それが何らかの理由で叶えられない問題があります。

きっと親だって一生懸命だと思う。
でも、できないこともあるのかもしれない。

だったらできる人が手伝えばいい!
その手伝うことができる環境を作りたいと思っています。

ここを読んだ人だけの 内緒のひそかな夢です(笑)


あっ、あとは体育のスペシャリストになりたいですね。運動が苦手な子でも楽しいと言ってくれる
そんな風になるように日々精進です。

 

   指導への想い

新体操指導で考えること

以前、こんなことがありました。2年指導したのち私の退職と共に他クラブへ移り熾烈な選手競争を勝ち抜いて持って生まれた才能からあっという間に全日本ジュニアチャンピオンになった子がいました。海外留学までして頑張っていたにも関わらず状況をコントロールできず、「とても残念な形で新体操を辞めてしまった」と、後々周りから聞いたことがあります。小さいころから新体操漬けの日々を送りすぎてしまうと、ある年齢にきたときに一気に他のことへの興味が溢れんばかりに湧いてきてしまう・・・ということは理解できます。
私が一番残念だったのは、その子はきっと新体操界には戻って来ないだろうということでした。どんな形でも関わっていければいいけれどそれもないように思ってしまうのです。新体操の世界ってそんなもんです。と同時に、彼女の中身を一緒に育ててくれなかった指導者にも憤りを感じました。大きな可能性を秘めたすばらしい子だったからです。

この経験から新体操を頑張ることは大事だけれどそれと同じくらいに心を一緒に育てていかなくてはいけないということを前にも増して強く思うようになりました。

私には2人の息子がいますが新体操の子どもたちはいわば娘たちです。自分だけが良ければいいということではなく
みんなで」をテーマに「新体操」をツールに楽しく明るく元気よく仲良く指導いたします。

 

幼児指導で考えること

とにかく子どもが大好きです。6つ離れた妹のおかげでしょうか。
子どものキラキラとした目を見ていると私はすごく癒されます。子どもたちと遊んだり、赤ちゃんをあやしていたりしたときにキャッキャと笑ってくれると本当に幸せな気持ちになります。指導をしていても、子どもたちは思った反応を素直に表現してくれます。良くも悪くもです(笑)

呆れば話を聞かなくなり、落ち着きがなくなります。楽しいと夢中になって活動し、大きな成長を見せてくれます。何かを導く「先生」は常に子どもたちを鑑として成長していかなくてはならないものだと感じます。

子育てって マニュアルもないし、子どももみんな同じじゃないです。だから色々なやり方があって迷ったり悩んだりしますね。どれが正解とか、どこが間違いとか そんなのあるのかさえわかりません。でも、やっぱり思う。
悪い子なんていないんだと。目の前にいる子ども一人一人をみて、その時に最善といえることを考え関わっていきたいと思っています。

昨今ではニュースで見る子どもたちの悲劇に胸が苦しくなり自分に出来ることは何かを考えます。
大きなことは出来ないけれど、ここへ来てくれたお友達やおうちの方が人生の中ではあっという間に過ぎ去ってしまう乳・幼児期を心から笑顔で楽しみ、そして生涯の思い出になるようにお手伝いすることから始めようと思いました。
悩みも不安も分かち合い、「子育てが楽しかった」と振り返れるように全力でサポートします!

 

運動と勉強  宿題イベントを開催しています

勉強と運動、やっぱりどこかでつながっているんだなと思います。本当は新体操をやりたいから
勉強も頑張る!と言える子が育つのが理想ですがそれはあくまで理想ですね(笑)
私自身も決して勉強は好きではありませんでしたし、やらされていない勉強をするまでって
キッカケなのかなーとも日々考えています。それでもまだ女の子は、コツコツやる子が多いと思います。男の子はマジ大変です!(笑)
Ocean Childでは長期休暇の際に会員は宿題のイベントを無料で開講しています。
いつもは動いている彼女たちが、その日は机に向かいひたすら宿題を頑張るという。新鮮な場所でもあります。そして普段見ることのできない顔を見て多くの気づきをもらいます。
私に勉強している姿を見られ「鉛筆の持ち方がどーだ」とか「姿勢が悪い〜」とか「字がとてもきれいだ!」とか言われるのってなんだか新鮮なようです。
集中力を発揮し終わらせて帰る子もいます。そしてみんな口を揃えて「みんなで勉強するの楽しかった!」「またやりたい!」と言ってくれるのです。自分にできるのはこのくらいなのかなと思います。みんなでやることで楽しい!というキッカケになってくれたらいいですね。

体育の得意な子、算数の得意な子。これって個性です。運動が苦手だからスポーツクラブに入る、だけではなく私はこの両面の頑張りを応援したいと考えています。新体操をやっていることで、家庭での生活・学校での生活がきちんと繋がり、どの場面でも「頑張れる子」、そんな風になってくれたらと思います。

 

ちょっと苦言も・・・

指導者はヘラヘラしていますが「何を言っても大丈夫だ」ではありません。
元々は体育会バリバリですので怒ると本当に怖いです(笑)
何より子どもたちのために真剣に考えて指導をしています。要望や要求は私は基本的に受け付けません。
それだけ要求するくらいなら辞めればいいのに・・・と思うほどの事を言う方もいました。正直迷惑です。
子どもは新体操をやりたいと言っていたけど、こちらが親が無理となれば辞めてもらうしかなくなります。

今の時代、お友達感覚で先生に接する方を職場でも多く見ます。
水道水を飲めないから水筒を持たせたいという話をしている保護者を見かけました。話し方も馴れ馴れしく耳を疑いました。そこで私が思ったこと。え?そんなんじゃこの先、子どもは生きていけないよ!って。
そのうち話がどんどんエスカレートします。浄水器付きの水しか飲んでいないので・・・とか、今の子は牛乳を飲めない子も多いので・・・・とか。「今の子は」なんてキーワードまで。
聞いて呆れませんか?あなたのおうちの一人の子どものために全部を動かそうとしている。おかしいと思わないんでしょうか。もしくは躊躇するとか。本当に困っているなら相談の仕方ってのもあると思いました。

大地震がありました。本当に大変な思いをした方がたくさんいました。子どもが水道水が飲めないからって
そんな場面でも誰かに要求するんでしょうか。子どもを変えないで周りを変えようとしているのってどんだけワガママなんだよって。それがわからないのかな。

子どものためと思うことと、子どもが出来ないことを先回りして親がやるのは違いますよね。子どもの意見を聞かず、子どもがどうしたいのかも聞かず、大人として親としての考えを先行させてはダメです。親が子どもを守りすぎてはいけないのです。だから子どもは弱くなるんだと思うことも本当に多いです。子どもを弱くしているのは親なのです。子どもは親が思っているよりもたくましい生き物だと思います。大切なのは会話をし、本人がどう問題に向き合っているのかを知ることであり、どう解決しようと考えたのかをまず聞くことです。そこで知恵を貸すくらいがちょうどいいと思います。大きくなるほど会話が大切です。
子どもが弱くなるということは<自分で考えられない子ども>という風に私は考えます。いつも「あーしなさい・こーしなさい」「あれでいい?これでいい?」と子どもが喋らなくても済む関係を続けると、自分でどうするべきかを考えられない子どもになります。子どももそれが楽だと思うようになります。「どうしたい?」と聞くと話さなくてはなりません。これが大事なのです。
たまにいますよ!「先生、トイレに行ってきてもいいですか?」と聞く子ども(笑)ダメって言われたらどうするんだろうなーといつも思いながら訂正します。

根ほり葉ほり子どもに聞いて、先生に任せられない親も多いです。子どものためと言いながらずっと教室で見張っている親もいます。お互いがリスペクトできる関係でありたい、と私は願います。それは子どもに伝えていることと同じです。親の背中を見て育つという言葉がありますが、先生が大荷物を持っているときに子どもが気づけない時は親が
「先生を手伝いなさい」と言ってくださる方もいます。子どもは一度教えられると、次は自分で気づけるようになります。育てなくては育たない部分もあるということです。親が気づけないと子どもも気が付きません。背中を見せるということは広くはそんなことも含んでいるんだと思います。
人間は完ぺきではないからこそ、お互いを思いやり接することが人生においても大切なんだと思います。

言葉は発してしまうと取り返しがつかないものなので、言う前に一呼吸「伝えても大丈夫かな」そんな気持ちが必要なんだと思います。

きっとここまで読むと「じゃぁ先生とは話せることはないわ」と思う方もいるんだろうなと思います。でも、そのくらいがちょうどいいのです。それが昔の学校では普通にある光景でした。

 

メッセージ

人生イロイロ、男もイロイロ 女だってイロイロ・・・
これでメロディーが出てくる方は同世代ですね(笑)

私も歳をとりました。
それなりに波乱万丈な人生だと自負しています(笑)

でも、経験ってすごい。
弱っている人に寄り添うには
自分も経験したことがあるほうがいいと思う。
そのために、自分は先に経験したんだなって思うようになりました。

とにかくです。ヘラヘラしていますが(何回言うんだw)
経験値は高めだと思います(笑)

だからね、とにかく何でも話してほしいし 吐いてほしい。
一人で頑張ったり我慢したり 泣いたりしないでね。
いつでも。

   アシスタント

斉藤 正晴

メンタルトレーナー・アシスタントコーチ
さいとうまさはる

・メンタル心理カウンセラー
・ベビー・チャイルドシッター歴2年以上
・柔道2段
・板前歴25年(和食15年・寿司職人10年)

将来の夢が、板前・警察官・保育士でした。昔から子どもが大好きでした。
板前の道を選び数十年精進するも、事故で手を怪我してしまい違う道を歩くことになります。様々な職業を渡り歩きながらも常に
トップを獲ってきた野心家でもあります。
しかし、そんな毎日に疲れてしまったとき縁あって保育の仕事を
することになりました。子どもたちと接する毎日の中で夢を思い出し,いつかまた子どもたちに関わる仕事ができたらと思うようになりました。
学童の先生やシッターの経験もあります。
元板前ですから炊事はお手の物です(笑

現在はカウンセラーとしても活動中。一時期ボランティアで自殺を防止する活動や不登校の子どもの相談にのっていたことがあります。様々な人と関わった時に浮かんできた色々な思いや、子どもたちと接する中で抱いた思いを理解したいというところがキッカケです。

ご縁があって先生から声をかけていただき、今の自分でお役に立てるならとできる範囲でのお手伝いをさせていただくことになりました。柔道の経験が防犯にも役に立ちそうです。

メンタルトレーナーとして、精神的な部分で皆様のお役に立てればと思っています。
わんぱく☆きっずでは、優しく強い男の子(いじめない子・いじめに屈しない子・元気な子)を育てるために、さくらんぼくらぶではお母さんに「お父さん」のように寄り添いその時その時の悩みを聞きながら楽しく子育てができるように、誠心誠意務めていきます! 



子どもに人気のまさはる先生 ようこ先生との橋渡し

子どもに人気のって強調すると「親には人気ないのか!」と苦情が来そうですが(笑)そんなことはアリマセンw
赤ちゃんから小学生まで大人気です。なんてったって力持ち。体を張って遊んでいます。
ひょんなキッカケでご縁をいただいたのですが、子どもに対する考え方が 私と全く同じということに
驚きました。なかなかいないんですよ。違うのは男と女であるということ。お父さん的考えとお母さん的考えは
いつもありますね。そこに違いを感じますし、その子に対してどうしていくのかを考える幅がぐーんと広がり
ました。先生とはいつも子どもの話です。この子はここが伸びた!何がキッカケかな?とかこの子はここが良くなると一気に伸びるなーとか。とにかくいつもクラブの子どもの話です。わんぱくでは男の子がメインなので、まさはる先生の考えは参考になります。単純だけど繊細なのねって毎回感じます(笑)
STAFFの平均年齢はぐーっとあがりますが(笑)年の功ってことで。
大井が手一杯なのです。いつも。ハイ。ほんとゴメンナサイ。だからまさはる先生に相談すると、必ず私にも届くようになっています。そうやっていつも保護者の方と私の間に入って色々なことを考え調整してくれています。
ヨウコ先生忙しそうだなーとお感じになったときは迷わず、まさはる先生に相談してくださいね。
まさはる先生は私が作った小さなクラブを全力で応援し、愛してくれています。本当にありがたい存在です。

 

   たくさんの先生たち

川村 翔太     しょうた先生

かわむら しょうた

まさはる先生と長いお付き合いのしょうた先生。将来について考えているときに、農業と子どもがテーマとしてあったそうな。しかし、子どもの世界はなかなか見ることができないという状況を聞き、ぜひクラブにきてもらうように声をかけたのがキッカケです。黙っていると怖いと思われるそうだけど、しょうた先生はいつもニコニコ。子どもの話にも目線を合わせて聞くことができる男なので、早くこちらの世界にこないかなーと密かに狙っています(笑)
キャンプや宿題イベントには都合をつけて応援に来てくれています。子どもたちは大興奮です。
女の子が多いクラブですから、外敵から?守ってくれる男性は本当に助かります!

 

しょうた先生以外にも色々な先生に出入りしてもらっています。クラブは多くの人に関わってもらい、子どもたちには多くの先生と関わってほしいと思います。私の息子たちも関わらせていただくことがあります。母の仕事を見せることができるこの環境に感謝です。この仕事は素晴らしい!と言わなくても、きっと本人たちは感じていることと思うのです。会社と違うのはやらされている人間がいないということです。自らの意思で私や子どもたちのために力を貸してくれている人がクラブをサポートしてくれているのです。

 

  お世話になっています  リンクとびません〜!

Chacott新宿店 ◆レオタードから手具まで◆

オリジナルレオタードを作ってくださっています。
みんなが使っている手具も全部Chacottです。
担当の山口さんはとっても元気なお姉さま。
いつもありがとうございま〜す。

URL⇒http://www.chacott-jp.com/j/

 

Rire(リール)◆お花とプリザと雑貨のお店◆

姉の紹介で知り合ったのがキッカケで
毎回お世話になっています。
無理を言っては困らせていますが(笑)
どれを見ても可愛くて素敵なお花や雑貨が沢山です。
枯れないお花プリザードフラワーを使った
雑貨もあります!
ついつい買い過ぎちゃうから気を付けて〜〜♪

川口市朝日2-5-17 TEL048-452-8601  (水)定休
URL⇒http://ameblo.jp/rirekawaguchi/

 

大伸自動車(だいしん)◆担当 大西さん◆車検・板金・塗装・自動車販売

車で困ったときに紹介していただいた車屋さん。
女性は特に車には疎いですねぇ。
そんなときは!大西さんにテレフォンプリーズ!
一応何もないかもしれませんが(笑)
「新体操の大井先生より紹介されました」と
言ってみて!
どんな車の悩みも相談にのってくれます!!

川口市赤井2-13-35  TEL048-283-9445    
URL⇒http://www.daisin1977.com

 

株式会社トンボ ◆担当 染谷さん◆

わんぱく☆きっずの体操着を作ってくださっています。
学生服を多く手掛けているトンボさんが わんぱく☆きっずのために
世界にひとつしかないオリジナルの体操着を作ってくださいました。
担当の染谷さんは、いつも親身になって相談にのってくれます。
こんなチビクラブのために一生懸命になってくれて本当にありがたいです!

 

 

埼玉高速鉄道 浦和美園駅3F SRカルチャースクール

場所探しが仕事のようなこの業界に(笑)救世主となってくれた
カルチャースクールさん。
たまたまなキッカケでしたが 細かく説明してくださり
新しく教室を増やすことが出来ました。
公共の施設のように、1日になると抽選の予約やら
結果の確認をすることなく場所が借りられるというのは
本当にありがたいことです。

埼玉高速鉄道という愛称から「埼玉スタジアム線」通称「埼スタ線」となったそうです。

多くの利用者の皆様に親しまれ、カルチャースクールが盛り上がりますように!
10月には会社主催のお祭りも 浦和美園駅前で開催されているそうです!

 

 

information

活動 カレンダー

Ocean Child Group
活動カレンダー

 

<活動場所>
※各施設へのお問い合わせは
ご遠慮ください

<新体操>
戸塚スポーツセンター
川口市戸塚4552

<さくらんぼくらぶ・
   わんぱく☆きっず>
@戸塚公民館
川口市戸塚東3-7-1

A浦和美園SRカルチャー
美園駅エレベーター3F

 

お問い合わせフォーム